Home > サウンドアート Archive

サウンドアート Archive

レーザー光で感覚的に演奏(動画)

こちらのエントリーで紹介した、レーザー光をさえぎることで演奏できるシステム。その動画が公開されていました。

実に楽しそうに演奏しています。スモークをたきつつやるとレーザー光が見えてかっこ良さげ。

Beamz in Action (Video)
http://www.geekalerts.com/beamz-in-action-video/

音づくりの最前線、Goh Hotoda氏の現場

080407_e.jpg

世界的なサウンドエンジニアのGoh Hotoda(ゴウ・ホトダ)氏のインタビューと「快音設計」に取り組むの戸井武司教授の研究の話とを組み合わせた記事が面白い。

エンジン音を騒音ではなくドライビングサウンドとして「聴かせる」事を念頭に置いたサウンドデザイン。これの発展系としてコンパクトカーのエンジン音が車内ではフェラーリ12気筒300馬力の咆哮や、F1の900馬力エンジン、1500馬力のM1エイブラムス戦車のガスタービンエンジン音までをも表現できる技術が実装される可能性もあるとの事。「音」のブランド化が着々と進んでいくようです。

このような技術者的観点からだけではではなく、ゴウ・ホトダ氏のようなアートの観点

例えば、ステレオサウンドが左右のスピーカーからバランスよく入ってくる心地よい状態の中で、少しだけぴったり合わない音を入れてみる。そうすると 人はすぐに気づいて「オッ?」と感じるわけです。ほんのちょっとだけ不安になるのです。このような小ワザを随所にリスナーに気づかれないように盛り込んで いくのがプロの仕事なのです。  スイカに塩を一振りしたり、一滴の酸味で甘みを際立たせるという手法は、味覚や嗅覚の世界では当たり前のように行われてきました。五感で感じる世界はきっとすべてこの構造を持っているに違いありません。

サウンドを作る側ではなく、ミキサーという音を組み立てる側にもこのような手法が使われ、素材をより素晴らしいものへと昇華させています。

「騒音」といえば不要なもののように捉えられがちですが、メインディッシュに対する付け合せのように、無くてはならない音へと捉えれば、さらに音のブランド化が進むのかもしれません。

音に興味のある方には非常に興味深い記事です。

世界的サウンドエンジニアの技
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080402/152001/?P=1&ST=leaf

20秒間の楽曲を1KB以下に圧縮:音質を聴き比べ

080407_d.jpg

ロチェスター大学の研究チームは、約20秒間のクラリネットソロを1KB以下のデータに圧縮することに成功したそうです。MP3ファイルよりもおよそ1000分の1という驚くべきサイズ。

比較音声は以下から。

MP3ファイル
WAVファイル

とても1Kb以下とは思えない音質です。

[プレスリリースによると、フィンガリングやマウスピースの圧力など、クラリネットや奏者の「物理的なモデル」をコンピューター上に構築。このモデルの上 で「再生」を行なうという。現在は楽器単体を扱うことしかできないが、複数の楽器からなる楽曲を分析する方法も開発しているという。]

さらに詳しくはWIRED VISIONからどうぞ。

20秒間の楽曲を1KB以下に圧縮:音質を聴き比べ
http://wiredvision.jp/news/200804/2008040721.html

バーコードが奏でるリズム


バーコードをリーダーで読み取ると、データを変換してリズムを再生する作品です。バーコードバトラーを思い出します。

スーパーマーケットの中を徘徊しつつバーコードを読み取って、リズムが変わっていく様は斬新!バーコード自体は無数にあるので、商品を並べて演奏することも出来そうです。

080406_a.jpg

また、サウンドのコントロールもバーコードで可能。ついでにレジを改造したキーボードなんかもセットで作ってほしいですね。

Beats from a barcode
http://blog.makezine.com/archive/2008/04/beats_from_a_barcode.html

若者撃退機『Mosquito』の発明者、使用規制を求める

080405_f1.jpg

年齢を重ねると高い周波数の音が聞こえにくくなることを利用し、若者にしか聞こえない不快な音を流して、若者を寄せ付けないようにする製品、『Mosquito』。 その発明者が、自身の発明品に対し使用規制を求めました。

この製品、口コミだけで4000台も売れたそうですが、7000人もの人が使用規制を求めて署名を行ったそうです。理由は「若者の権利を侵害している」というようなもの。

発明者のハワード・ステープルトンさんは「反社会的行為と戦うためにつくった」そうで、濫用を危惧しているようですね。

その「反社会的行為」を未然に防ごうとすることが権利を侵害することになる…だがされてしまった後では遅いという、難しい問題のようにとれますね。

ところでこのモスキート音、あなたは聞こえますか?

英「若者撃退機」の発明者、自作品への使用規制を求める
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/
science-technology/2373504/2799312

こちらの記事にも関連したことが書かれています。
高周波の音で若者たちを撃退する装置『Mosquito』が議論に
http://wiredvision.jp/news/200802/2008022622-trackback.html

人間の声を模倣するシンセ

080404_a.jpg

発生するときの喉の形を模倣することにより、人間の声のような音をアナログに作り出すことの出来る作品。写真に見える弦を手で押さえ、下記の図のようにすると、母音のような音を出せるようです。

080404_a2.jpg

Gestural speech synth
http://blog.makezine.com/archive/2008/04/gestural_speech_synth.html

演奏している動画は下記から
http://www.mattgilbert.net/article/17/gestural-speech-synth

Windowsのシステム音をサンプリングしてつくった曲

アカウントが無い人には申し訳ないのですが、ニコニコ動画より、Windowsのシステム音をサンプリングしてつくった曲です。


システム音を聞くと、仕事を思い出す…という人も居るかもしれませんが、とても美しい曲に仕上がっています。

Windowsの効果音のサンプリングで作った曲
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51269585.html

We Will Rock Youを和楽器で

下の記事のSmoke on the Waterに続き、クイーンの名曲を邦楽に!
途中で浄瑠璃音楽の常磐津も入り、緊張感あふれる演奏になっています。

オーケストラは東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団。

We Will Rock You [With Traditional Japanese Instruments]
http://www.japanprobe.com/?p=4096

他にも監獄ロックをアレンジしたのもあるようですが、動画は削除されてしまったようです。

Smoke on the Waterを和楽器で…大江戸の火消し

Deep Purpleの名曲”Smoke on the Water”を完全に邦楽アレンジ!

歌詞も江戸時代の情景にアレンジされ、ジュネーブ湖を琵琶湖に舞台を変えて歌っています。ロック×邦楽×オーケストラの融合が物凄くかっこいい!

題名の無い音楽会で放送された動画のようです。
Smoke on the Water, Japanese Style
http://www.japanprobe.com/?p=3897

テスラコイルで音楽を演奏している動画まとめ

テスラコイルが作る稲妻から発生している音を利用して音楽を演奏する動画をまとめてみました。

テスラコイルから出る稲妻でマリオの曲を演奏(動画)

http://www.gizmodo.jp/2007/11/post_2551.html

動画をさらに見るには続きからどうぞ

Continue reading

Page 3 of 41234

Home > サウンドアート Archive

カレンダー
« 11 月 2017 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事一覧
月別アーカイブ
カテゴリー
タグクラウド
現在時刻

ページのトップに戻る